報告書


報告書作成 大島 かおり
オプデス理事
オプデス公認ドッグトレーナー
大島ドッグトレーニングスクール主宰


【日時】 平成15年5月25日(日)・26日(月)
【場所】 神奈川県箱根町仙石原
仙石原保育園跡地
仙石原文化センターグランド
仙石原浄水センター
【大会会長】 沼 井 泰 典(犬の総合教育社会化推進機構最高顧問)
【大会副会長】 栗 本 正 幸(犬の総合教育社会化推進機構理事)
【実行委員長】 野 地 義 行
【審査員】 クリスティー・ゲーリッツァー(国際救助犬連盟事務局長)
【通訳・海外渉外担当】 島 津 芳 明
【サポート】 ピーター・シューラー
(オーストリア・ウィーン消防局災害救助犬担当)
(国際救助犬連盟海外派遣出動隊部長)
【会場提供・後援】 神奈川県 箱根町
【特別協力】 SAMSUNGサーチアンドレスキュードッグセンター(韓国)
【協 力】 株式会社 大日向
株式会社 トーリクSS
DOG DEPT
麻布大学 動物人間関係学研究室 ドックチーム
帝京科学大学 アニマルサイエンス科ドッグトレーナー研究部
東京コミュニケーションアート専門学校
株式会社 博秀工芸
岡山理科大学専門学校 (順不同)
【報道】 テレビ朝日 お昼のニュース(5月25日)
神静民報(5月24日付)
産経新聞(5月26日付)
神奈川新聞(5月27日付)
愛犬ジャーナル5・7月号

感 想
5月25日26日とも大変涼しく、
犬にとっては非常にいいコンディションとなった。
日本初の国際救助犬試験B段階が
神奈川県箱根町仙石原において行われた。





オーストリア・ウィーン市に本部を置く国際救助犬連盟(以下IROと書く)の
定める救助犬試験規定は、まず救助犬適性試験を合格後、
次に捜索試験A段階(捜索時間15分、仮想被災者2人)があり、
合格後B段階試験(捜索時間40分、仮想被災者5人)を受験出来る。

犬の総合教育社会化推進機構(以下OPDESと書く)は
2002年4月から3回の救助犬試験A段階を全国で開催、
その中から瓦礫捜索部門9頭、広域捜索部門2頭計11頭が合格、
B段階試験を受験する運びとなった。




今回の審査員は、IRO事務局長クリスティー・ゲーリッツアー氏を
IRO極東地域提携団体でもある
韓国SAMSUNGサーチ&レスキュードックセンターの
ご協力により、オーストリア・ウィーン消防局ピーター・シューラー氏と共に
招致することが出来た。

試験は、瓦礫捜索部門では仙石原保育園跡に廃材を持ち込み
倒壊家屋に仕立てたものと、
広域捜索部門は仙石原浄水センター裏の山林を使用した。
今回の会場提供については箱根町の多大なご支援に深く感謝します。

IROの試験規定は、現場において犬が単独で捜索するスタイルを重視している。
(反対に救助犬指導手(以下ハンドラーと書く)のそばで捜索するスタイルがあるが、
ハンドラーの危険度が高くなる可能性がある。)
その為ハンドラーの状況把握力、臨機応変な判断力、また、
犬の捜索する力を最大限に引き出しているかなども審査の対象となる。
そして被災者の安全確保のため、発見時の告知方法についても
被災者の体に触れることなく、現場を壊すことなく、フレンドリーな
態度での告知が求められた。







救助犬育成には先進的であるヨーロッパのIRO国際規定を導入することにより、
救助犬の質を高めることを目的とし数回の試験を重ねてきたが、
今回はその結果が出始めたと言える。
犬の捜索力、またハンドラーの救助犬指導力、判断力など
高い評価を受けるチームも多かった。

5月22日にはアルジェリアで地震が発生し、IRO本部から
13人のメンバーと11頭の救助犬が出動、また1トンの物資が送られた。
日本からもJICAによる国際救助隊が編成出動し、第2陣には救助犬2頭が出動した。
救助犬による被災者発見の報道も流れている。

1995年の阪神淡路大震災以来災害救助犬の認知度の向上と、
1999年の台湾大地震に続き、国際救助隊に救助犬が取り入れられた
(犬の能力が認められた)ことを救助犬育成機関として大変喜びに感じる。

OPDESでも極東地域災害時出動を心がけるとともに、
遠方においてはIRO傘下のもと
連携しながら出動を計ってゆく方針である。
また国内においては、このIRO規定の試験開催による救助犬育成、
そして各地域でのチーム編成、サポートメンバーの育成等に
今後も取り組んで行く方針である。

最後に試験開催にあたって、神奈川県箱根町をはじめとして
多数の方々にご支援ご協力を頂きました。
深く感謝の意を表します。
有難うございました。






成績表

No 犬 名 犬 種 生年月日
性別
所 有 者 指 導 手



2 Jacquline of Shinmarusow ラブラドール レトリーバー 98.9.24
メス
Shigeru Omori
(大森 茂)
Kaori Oshima
(大島かおり)
180 47 47 274
8 Carnation of Harrods JP ウェルシュ コーギー ペンブローク 97.6.17
メス
Mariko Simizu
(清水真理子)
Hideko Mizobe
(溝部 秀子)
178 49 45 272
10 Tre of Lager JP アメリカン コッカー スパニエル 98.5.20
メス
Hisako Otani
(大谷 久子)
Hisako Otani
(大谷 久子)
182 44 45 271
4 Adam of Yokoshonan JP ジャーマン シェパード 97.6.11
オス
Hidehiro Murase
(村瀬 英博)
Sachiko Sakamoto
(坂本 幸子)
162 47 40 249
7 Bartender of Y.Maeda FCI ジャーマン シェパード 98.6.7
オス
Kazuhiro Sawada
(澤田 和裕)
Kazuhiro Sawada
(澤田 和裕)
145 48 44 237
3 Field Inzenji JP Andesu フラットコーテッド レトリーバー 99.5.2
オス
Jun Akiyama
(秋山 潤)
Hidehiro Murase
(村瀬 英博)
140 46 45 231
9 Agilmar von Schatzchen マリノワ 95.12.1
オス
Tomiji Kawamura
(河村富司)
Kazuhiro Sawada
(澤田 和裕)
143 43 41 227
11 Baltan of Frei Herz JP ラブラドール レトリーバー 97.8.13
オス
Hiroko Tanabe
(田辺弘子)
Hiroko Tanabe
(田辺 弘子)
110 47 46 203
1 Engineer of Sunriver JP ゴールデン レトリーバー 97.2.15
オス
Satomi Banndou
(坂東 里美)
Kazuhiro Sawada
(澤田 和裕)
113 43 41 197
5 Aga of Spring Prairie JP ラブラドール レトリーバー 95.7.8
オス
Misao Yamasita
(山下 操)
Sachiko Sakamoto
(坂本 幸子)
93 41 38 172
6 Edeltus of Top House JP ラブラドール レトリーバー 95.1.25
メス
Masayuki Kurimoto
(栗本 正幸)
Shinji Sirakawa
(白川 真二)
54 38 44 136

救助犬トップへ
ホームへ